簡単手作りおつまみ紹介1「海老とアボカドの明太マヨネーズ和え」

簡単手作りおつまみ紹介1「海老とアボカドの明太マヨネーズ和え」

単手作りおつまみ紹介1「海老とアボカドの明太マヨネーズ和え」

先日、KALDIで購入したワインや調味料、パスタ等購入して他のですが、
その購入品の中から白ワインに合うおつまみを作っていきたいと思います!

関連:KALDIおすすめ商品紹介&購入品紹介Part1

Advertisement

 

今回行う作業は、茹でる、切る、和えるの3工程だけです。

簡単なので是非挑戦してみてください!

 

材料

 

・海老:140g
・アボカド:1個
・明太マヨネーズ:好みの分量

のみです!

明太マヨネーズがない場合は、
明太子とマヨネーズを1:3で混ぜます。

 

 

作り方

1, スマートにアボカドを切る

今回はアボカドのスマートな切り方を紹介していきます。
大半の人がこの切り方を知らないので、
知っていればモテること間違いなし!

 

・まずアボカドの種が当たる所まで包丁を入れていきます。

・上画像の矢印のようにアボカドの種に沿って包丁を1週させてください。
 

そうするとこのようにパッカーンと2つに分かれます。
この手順が1番かっこいい!

 

次にアボカドの種を外していきます。

薪を割るように、包丁でアボカドの種を叩くと種に刺さります。

この状態で包丁をぐいっと捻ると種がアボカドから抜けます。

 

半分になったアボカドを縦に2等分していきます。

 

 

4分の1になったアボカドを上画像のように、
縦3等分、横5〜10等分ぐらいになるように包丁を入れていきます。

アボガドの皮は結構硬いので、
手のひらに乗せて、持ちながら切っていくのがいいでしょう。

 

最後にスプーンでくりぬけば、
この料理の行程は8割終わったようなもんです!

 

2, 海老を茹でる

鍋に適量の水と海老を入れて茹でていきます。

火が通ったらざるに移し、流水で冷やしていきます。

これで全ての下準備が終わりました!

 

3, 和える

ボウルにアボカド、海老、明太マヨネーズを入れて混ぜていきます。

明太マヨネーズは好みの分量でいいのですが、

入れすぎると明太マヨネーズの味しかしなくなってしまうので

少なめの分量で1度作ってから量を増やしていくことをおすすめします。

 

4, 盛り付けて完成!

 

Advertisement

まとめ

今回作った「エビとアボカドの明太マヨネーズ和え」のおとものお酒はこちら!

REDWOOD VINEYARDSの白(左)

海老を使った料理なので白ワインを選びました。

このワインは600円という破格にも関わらず2000円以下のワインには負けないぐらい美味しく、
評価も高い有名なワインなんです!

KALDIに売っているので詳しくは下記の記事をどうぞ!

関連:KALDIおすすめ商品紹介&購入品紹介Part1

 

Advertisement

この明太マヨ和えをフランスパンにディップして食べるのがめっちゃうまい!

海老のプリプリ感や明太子とマヨネーズの刺激をアボカドがうまくマイルドに落とし込んでくれるバランス感が最高に相性がいいです!

パセリをまぶしたりもっとおしゃれに盛り付けていけば、イタリアンのお店でも出せるレベルだと思っています!

5分程度で作れて、茹でる、切る和えるだけの簡単料理なので、

白ワイン好きな方は是非作ってみてください!

 

コラムカテゴリの最新記事