2019年買おうと思っているガジェットと日常のモノ

2019年買おうと思っているガジェットと日常のモノ

れもしたい、これもしたいが一番多い年

2019年も向上心の高さに伴い、欲しいものがいっぱい。

2018年は手探りでブログを始めたり、MacBook Proを買ったり、音楽ではギター以外の機材を全て売り、新たに1から揃えたり身の回りの環境がかなり変わった年となりました。

そんな色々な変化に慣れてきた頃にやってきたのが2019年。

あれもしたい!これもしたい!

そんな挑戦してみたいコトの数だけ、欲しいモノがでてきてしまう。

 

そんな欲しいモノの中でブログの作業環境や日常に関連したモノを紹介していきます。
今回は「今の環境をアップデートするモノ」をテーマにまとめました!

Advertisement

 

 

 

RAVPower26800モバイルバッテリー

今僕の中で一番アツいモバイルバッテリー。
容量26800Ahは今の所モバイルバッテリー界隈では最も大容量な部類に入ります。
がしかし、僕にとってアツい理由は別にあります。

その理由が、MacBook Proを30Wで充電できること。

今販売されているモバイルバッテリーでは、PCを高出力給電できるモノはほとんどないのが現状。
なのでPCをしっかり充電したい方はこれが最適解となります。
また、このモバイルバッテリーに付属しているアダプターでMacBookProを繋ぐと45Wで給電ができるのも嬉しい点。
モバイルバッテリーとしても優秀かつ充電器としても優秀なガジェット。

2019年1月現在ではPC用モバイルバッテリーとして使えるのはこれです。

 

 

 

Qrio Lock

代は電子マネーから電子キーへ

これは本当に僕得なガジェット。

普段自宅からバイトに行く際、スマホとイヤホンしか持っていかない僕はよく自宅の鍵を忘れてしまいます。
ちなみにバイト先にバッグを持っていかない理由は、使わないモノは持ちたくないから

そんな僕には、このスマホが自宅の鍵になってしまうというスマート家電があるとめっちゃ助かります!
スマホアプリでの施錠や、位置情報を利用しスマホが一定距離離れたり、時間が経つと自動で施錠されるなど様々な施錠方法があるので自分のライフスタイルに合わせて使用できます。

電子マネーの普及でお財布の小型化が進む中で、次は鍵がなくなり始める時代になりました。
10年後の新築住宅はネット上で鍵の受け渡しが当たり前になってるかもしれませんね!
それか指紋等の生体反応系。

 

 

 

AKRACING/ゲーミングチェア

1日の大半を共に過ごすモノに投資をしてみたい

ブログをやるにあたり、家にいる時間(睡眠時以外)の大半をデスクで過ごすようになりました。
そんな生活を送っていると、腰が痛くなったり座るのが苦になることが多々。

そんな時には立ち歩いたり、ストレッチをしたり、リビングやトイレに行きお菓子を食べながらテレビを見たり。
そんな余計なことに時間を取られてしまったりでなかなか作業が進まなくなることがあります。

こんな非生産的な状況を打破したいと思い原因を探していると、6〜7年間使っているこの安いデスクチェアが思い当たりました。
この椅子はすでにガタがきていてグラグラします。

「人生の3分の1を睡眠に費やすんだからベッドは良いものを買え!」とよく言われますが、それなら睡眠時間と同じぐらい座っている椅子も良いものを使ったほうがいいに決まってる!
そんなことを思い、ちゃんとした椅子にもお金を使うと決意。

そんな椅子選びの答えとして、行き着いたのがこのゲーミングチェア。
ゲーミングチェアとして有名なAKRACINGですがメーカー名の通り、レーシングカーの座席のような少しゴツめのチェアです。
人間工学に基づいて設計されているので体への負担は皆無。

少し高いが作業中のちょっとしたストレスを無くしてくれるのであれば、いい買い物だと思いました。

 

 

 

WH-1000XM3/SONY

常のノイズを皆無にするへッドホン

最近話題のノイズキャンセリングヘッドホン。
なんでもノイズキャンセリング機能が他社製品を圧倒しているらしい。
その高性能すぎたスペックが故に電車を乗り過ごしてしまったというレビューをちらほら。
また飛行機等でも使用されているらしく、電車や飛行機等の超騒音に対しても音を遮断できるのなら1度試してみたいと思い購入候補に入れました。

ちなみに今使用しているBluetoothイヤホンも3000円ながらめちゃくちゃいい品で、そこらへんの1万円以下のイヤホンには負けないぐらいの音質を持っています。
関連:
Amazonで1日600本売れた!?おすすめBluetoothイヤホン紹介!

 

 

 

DIchotomicの無垢古材バイナリーデスク

ロガーらしい写真の背景に使えるデスク

最近、有名なガジェットブロガーの方などによく見られる写真の撮り方があることに気づいたんです。

それが、すっきりとしてお洒落なデスクの上でモノを撮影する方法。デスク上のApple製品

このおしゃれな木目のデスクを撮影背景にすることの何が魅力的かというと、
・いつも同じ背景になりブログ全体の統一性が増す。
・わざわざ撮影のために席を立たなくても良くなる。
・わざわざ写真背景を探さなくてよくなる。
・一番視界に入る所だから、おしゃれだとモチベーシャンも上がる。
・撮影背景としては大きめなの引きで撮っても余計なものが映らない。
・生活感を感じさせない写真が撮れる。

しかもデスク以外で撮影場所を探すのは大変で、以前こんなものを買ったのですがA4サイズだと小さすぎて結局使わなくなってしまいました。
関連:何もない部屋が特別なおしゃれ撮影スタジオにできる小物をていにいれた話

 

そしてそんなブログ映えるな背景になるデスクって
・木目がかなりしっかり出ている。
・あまり光の反射がない塗装。ワックス等でテカるのはNG
・アンティークぽいテイストのデスク。
というのが必須事項だという結論になりました。

 

そして、見つけた答えがこれ。
DIchotomicの無垢古材バイナリーデスク。

DIchotomicの無垢古材バイナリーデスク

出典:Dichotomic

 

このデスクがあればこんな構図の写真が撮れるようになる。

DIchotomicの無垢古材バイナリーデスク

出典:Dichotomic

僕が購入しようとしているのは、1200×700mmのもので

値段は74,850円
(サイズによって値段が異なる)

Amazonや楽天で安くて納得のいくものが見つからなかったのでそこそこの値段になってしまった。

もっと安くていいデスクを知ってるって方は、是非Twitterかお問い合わせで教えてください!

Twitter:@nomussyo

 

 

 

α7 Ⅲ/SONY

んだ理由は好きなブロガーが皆使ってたから。

α7Ⅲ

出典:SONY

写真に関しては、正直iphone Xsで十分ではないかと思っています。

しかし、僕は機械工学系の大学生であり、実写版トランスフォーマが大好き。
おまけにガジェットなんかにハマるもんだから、カメラに興味がわかないわけがない。

よく読んでるブロガーの方は、ブログを書くなら一眼は必須だよねと言わんばかりに皆この一眼のカメラを持っている。

そんな毎日のようにカメラのメカメカしさの誘惑を受け続けているうちに、いつの間にか「iphone Xsで十分」ではなくなってきました。

でもよくよく考えると、30〜40万も使って「iPhone XS+lightroom,photoshop加工」の写真に比べて圧倒的にいい写真を撮れるかって聞かれたら、できないって即答してしまいます。

だって、スマホでこんな写真が撮れてしまうんです。

BIAS MINI

でも、欲しい。
好きなブロガーは皆SONYのα7系のカメラを持っている。
なんでこのカメラがブロガーにいいんだろう。誰か教えて。

Advertisement

 

 

 

ZAGAラック60/receno

楽機材やガジェットをかっこよく飾りたい
という思いから、魅せながら収納できるものはないかと考えて行き着いたものがこのシェルフ。

ZAGA

出典:receno

色も先ほどのデスクと似たような色合い。
今後のインテリアのメインカラーは、濃い茶色と黒にしようと思います。

ちなみに、今使用している棚は手作りで少し不恰好。

ラック

 

 

 

 

[頻繁に更新予定]物欲は止まらない。

今回は、「今現在」ガジェットや日常のモノにで欲しいものをあげていきました。
今後もガジェットや電化製品、最新の技術を用いたモノで日常生活をより効率的にアップデートしていくために、常にアンテナを張っていきます。
その中で、「これはめっちゃ良いけど買ってレビューするお金がない!けどこの良さを伝えたい」と思ったモノを知った瞬間・発表された瞬間・発売された瞬間どんどん発信していきたいと思います!

これに関しては完全不定期ですので、是非Twitterから、ブログ更新情報を最新ネタ等の情報を発信していきますのでフォローお願いします!

Twitter:@nomussyo

関連:
2018年買ってよかったもの[ガジェット編]

バックパッカーやノマドブロガーにおすすめ小物!バッグハンガー「Clipa2」レビュー

Amazonで1日600本売れた!?おすすめBluetoothイヤホン紹介!

Advertisement

ガジェットカテゴリの最新記事