Amazonで1日600本売れた!?おすすめBluetoothイヤホン紹介!

Amazonで1日600本売れた!?おすすめBluetoothイヤホン紹介!

Amazonで1日600本売れたおすすめBluetoothイヤホン紹介!

 

iPhoneからイヤホンジャックが消滅し、

Bluetoothイヤホンが主流になった2018年。

 

1本3千円のBluetoothイヤホンが価格破壊をおこし

1万円以下のBluetoothやワイヤードイヤホンに勝るBluetoothイヤホンが登場した。

それがTaoTronics社が販売するこのBluetoothイヤホン

「TT-BH027」

1万円のBluetoothイヤホンと渡り合う3000円のBluetoothイヤホンってどんなの?と思い

そのおすすめBluetoothイヤホンをレビューしていくのですが、

実は私…

 

 

このシリーズのBluetoothイヤホンを買うの3本目なんです!\(^o^)/

 

 

 

iPhone7の購入と同時期にそのBluetoothイヤホンに出会って2年弱、

コスパが良すぎてずっとこのメーカーのBluetoothイヤホンを使用していました。

 

バンドマンが3000円のBluetoothイヤホンをべた褒めして他者におすすめしていいのかよって思うんですけど、

 

そんなに使いたくなるんです、このBluetoothイヤホン!

 

それでは2018年コスパ最強のおすすめBluetoothイヤホンをレビューしていきましょう!

 

先に言っちゃうと、

めちゃんこ高音質!おすすめです!

 

 

そもそも「TaoTronics 」って会社知ってる?

「た・お・と・ろ・に・く・す?聞いことない…」「中国製かなんか?信用できないからおすすめしないで。」って思う人が大半だと思います。
ググってもホームページは出てくるが企業情報は出てこない。
しかしAmazonで販売されている製品の評価は4を超えるものばかり。

そこでTaoTronicsについて調査し詳細をまとめてみました!

TaoTronics
・本社:カリフォルニア(アメリカ)
・海外進出:ヨーロッパを中心に海外展開中
・日本進出:2008年、Amazonおよびeイヤホンでの通信販売
・正規販売代理店:満点プラス
・URL:https://www.taotronics.jp

 

Bluetoothイヤホン・ヘッドホンやBluetooth送受信機等の電化製品を販売している会社。
上記URLで製品を登録すると以下の保証特典がつくのでおすすめ。

Bluetoothイヤホン等は接続等で故障がよくある製品
そんな中T、aoTronics製のBluetoothイヤホンには「180日無料サポート」があります。
半年間Bluetoothイヤホン使用して返品できるって品質に相当な自信がある証拠!

ぜひBluetoothイヤホンを買った際は登録をおすすめします!

 

価格破壊を起こせた要因

この会社が価格破壊を起こせた理由は、
大量生産ができてしまったということ。
そして流通・物流コストを大幅にカットできたことです。
つまりこの会社倉庫をほぼもっていないんです!

 

一般的には、
工場で作った製品を倉庫に保管し、
全世界の代理店や小売店に発送します。

しかし倉庫がないTaoTronicsは、
工場から直通で販売店にBluetoothイヤホンを送ってしまうそう。
こうすることで倉庫自体の管理費・人件費・流通コストを大幅にカットすることが可能。

工場で大量生産したBluetoothイヤホンをAmazonnに送りつけて、

「このBluetoothイヤホン、Amazonさんとこの倉庫に置いといてくれん?、そんで売れたら代わりに送っといてなー」

ってことをしてるんですね笑。

うまいことやってんな〜この会社。

 

Advertisement

 

本題!Bluetoothイヤホン「Taotronics TT-BH027」開封レビュー!

冒頭で書いたように、約2年間TaoTronics製のBluetoothイヤホンをつかっています。
前回使っていたBluetoothイヤホンの「TT-BH07」(旧型)と比較しながら開封し、おすすめ点等レビューをしていきます。

 

↑パッケージの外観。
高級ダンボール?の様な質感。
頑丈。

 

付属品
・イヤホンポーチ(Bluetoothイヤホンが入ってる状態)
・白い袋(充電ケーブル、イヤーチップ、イヤーフック)
・説明書・保証書

 

Bluetoothイヤホン本体

Bluetoothイヤホン本体
・黒い本体にイヤーフックが特徴のBluetoothイヤホン。
・イヤホンの背面が磁石となっておりネックレスのように首にかけることが可能。
・Bluetoothコントロール部兼バッテリー部分は右側に付いている。
・ケーブルの長さは60センチ程。

 

Bluetoothコントロール部

上が新型Bluetoothイヤホン「Taotronics TT-BH027」
下が旧型Bluetoothイヤホン「Taotronics TT-BH07」

2つとも左から音量を上げるボタン・ペアリング、再生停止ボタン・音量を下げるボタン。
新型のBluetoothイヤホンは視認性が良くマットな質感で高級感がある。

 

充電ケーブルをBluetoothイヤホンに挿した様子
充電中は○と+の間にある点が赤く光り完了すると青い光になる。

 

その他付属品については、
イヤーチップ2種類(S,Lサイズ)
イヤーフック2種類(S,Lサイズ)
充電ケーブル2種類(約15センチ)

 

音質レビュー

初めて聴いた時の感想…

うあああああああめっちゃ良い低音!!!\(^o^)/

 

「EDM聴いでみよっと…」

 

「…  。」

「うあああああああああクラブだああああああああああ!!」

    • 「低音があぁぁあ!物理的な振動で伝わるぅぅ!」

 

3千円のBluetoothイヤホンが1万円以下のイヤホンに本当に負けねえ!

Bluetoothイヤホン界に価格破壊だあああああ!

ってなります笑。

 

Advertisement

まとめると、

 

特徴

ベースではなくライブハウスのようなウーファーのような低音の振動が物理的に響いてくる重低音とスッキリ抜けのいい高音域。

いい点

この高温と低音の存在感のバランス、そして音抜けが素晴らしくて高音質に感じる。

悪い点

音として感知できる最底辺の音が響くイメージなので、音量の割に耳への負担が大きくなる。
音量を上げ気味の方は注意。

重低音感と高音域の抜けの良さを実現するためなのかエレキベースが目立ちにくいイコライジングとなっている。
重低音はすごい聞こえるがエレキベースの音程やフレーズがわかりにくいと感じる。

合う・合わない音楽ジャンル

・合うジャンル
EDM・ピコリーモ系、ラウド・メタルコア
言うまでもなくゴリゴリな曲との相性は最高
メタラーにもおすすめ

・合わないジャンル
JAZZ、カントリー、ボサノバ、その他カフェやバーで流れそうな曲
あとベーシストにはおすすめしにくいです。
私はギタリストなのであまり気になれないんですけど、たまにこの曲のベース(楽器の方)とこの曲には合わないなと感じることがあります。

 

使用感レビュー

ペアリング

1, Bluetoothイヤホンのコントロール部にあるホームボタンを3秒ほど押すと「プルルルッ」と音がなり電源が入る。

2, そのまま3秒程長押しし続けると赤と青の光が交互に点滅する、この状態が新規ペアリング状態。

3, スマホのBluetooth設定画面に「Taotronics TT-BH027」と表示され、選択するとペアリング完了。
ここまで約10秒。
2回目以降は2の手順を省け、5秒でペアリングが可能

Bluetoothイヤホンとスマホを5秒でペアリングができ、毎回ストレスを感じることなく使用できています!

 

着け心地レビュー

・初期状態でBluetoothイヤホンに付いていたMサイズのイヤーチップとフックを装着しているが非常に心地よく、
 特に違和感はない。
IPX6防水レベル
 雨や汗からBluetoothイヤホンを保護するナノコーティング
・イヤーフックが程よくフィットしてくれるので少し激しく動いても落ちることはなさそう。
 悪天候のランニングや汗をかく方にはおすすめの機能

・紛失防止策として、
 Bluetoothイヤホンが磁石でネックレスのようにくっ付きます
 聴かない時は首にかけたまま保管紛失防止になる。

 

充電持ち

1.5時間充電で8時間再生

私は大学への通学が往復で2時間なので、3〜4日はもつ
また毎日自宅に帰ったらBluetoothイヤホンを充電する習慣をつければ問題無し。
なので今の生活習慣では8時間は十分でしょう!

音ズレの有無

Bluetoothイヤホン接続状態で、

・自宅でスマホをWi-fi接続時にYouTube視聴やソシャゲーをプレイ
・渋谷等の人の多い街での音楽鑑賞

全てBluetoothイヤホンの遅延を感じることはありませんでした!

 

価格について

そしてこのBluetoothイヤホンの価格は、

2699円!(2018年8月1日現在)

 

ここで興味を持ってくれた人に言いたいこと。

それは、

 

「飲み会1回分我慢しろ!!」

飲み会1回分で買えてしまうんです!

先ほども書いたように、
この値段で1万円以下のイヤホンに負けないって本当に驚きです!

言うまでまなくコスパに関しては最強のおすすめBluetoothイヤホン!

 

Advertisement

 

まとめ

・ウーファーの振動が物理的に響いてくる様な重低音とスッキリ抜けのいい高音域。
 高温と低音の存在感のバランスと音抜けの良さが抜群に高音質に感じる。 

・EDMや重低音が好きな方は特におすすめ!

・数万円する超高音質なイヤホンやカフェでかかっている音楽しか聴かない方以外は、おすすめです!

・5〜6千円のBluetoothイヤホンを買って音ズレやBluetooth接続不良のリスクを伴うのなら、今回おすすめレビューしたBluetoothイヤホン買ってみてはいかがでしょうか?

 

 

ガジェットカテゴリの最新記事