2018年買ってよかったもの[音楽編]

2018年買ってよかったもの[音楽編]

1ヶ月で18万円分を売り16万円の機材を買った

2018年、私の音楽生活の中で、使用機材が9割型変わりました。
本当にギター以外の全てが違うんしゃないかって勢いで使用機材が変わってしまい、昔のエフェクターボードが懐かしくて涙が出てきそうです。笑

その理由もどこかで話そうと思いますが、今回はそのぐらい機材を売り、そして買ったから言える「買ってよかった音楽のモノ」を紹介していきます!

Advertisement

 

 

BIAS MINI

「いつも、どこでも同じ音を」

そんな、悩みを解決してくれた神機材BIAS MINI

BIAS MINI

Axe-FXの10分の1の価格

私が、機材を総とっかえすることを決意しさせた、デジタルアンプ。
なぜこのBIASが魅力的かと言うと、
KemperやAxe-FXと同等のクオリティーが、価格が10分の1!(ソフト版または、4分の1(ハード版)で手に入ります!

 

Kemperより生々しい挙動

BIASのコンセプトイメージ

そして何と言っても、BIASのすごさが生々しい音作り。

BIASの音作りの仕組みを一言で言うと、
「PC上でアンプを魔改造できるソフト」

アンプ内部のパワー・アンプや真空管から、マイクやキャビまで部品交換することで、自分だけの仮想実機アンプを作れます。

この生のアンプと同じ音作りの手法なので、他のデジタルアンプでは実現できない生々しい音を追求することができます!

 

デジタル苦手を感じさせない直感的な操作が可能

BIAS MINI

とにかく、実機のアンプを改造して理想の音を作っていくので、デジタル製本が苦手な方でも説明書無しに音作りをすることが可能です。

 

BIASのすごさをずっと解説していると文字数が膨大になってしまうので、こちらの記事にまとめました!

[永久保存版]Kemper/Axe-FX/BIASのコンセプトの違いをイメージで解説

僕がKempeやAxe-FXではなくBIAS を買った理由

 

 

Arrow/universal audio

Arrow/universal audio

世の中で1番情報伝達速度が速いオーディオインターフェース

このArrowの魅力として、接続ケーブルにthunderbolt3ケーブルが採用されているんです!

thunderbolt3ケーブルは一般的なUSB3.0ケーブルの4倍の速度で情報を伝達することができるハイスペックケーブルです。
これにより、オーディオインターフェースの課題であった、レイテンシーを基本的に0にすることができます

 

次に音質では、モバイル可能なオーディオインターフェースの中でRMEと並び2大ハイエンドモデルとして定評があります。
この時点で既に神機材なのですが、sqらにすごいのが、プロのレコーディング環境で使われるエフェクターを使用することができること。
そして、そのエフェクターをこのArrow内で処理できること。

この「Arrow内でエフェクト処理」のメリットとして、PCへの負荷が軽減され、PCがスムーズに御獄ことができるようになります。
DTMをやっている方はわかると思いますが、沢山のエフェクターやプラグインを使うと、PCが重くなり、フリーズをしてしまいます。

ライブやレコーディングでPCがフリーズするのは死活問題。

この死活問題のリスク軽減ををArrowが行ってしまうという。

 

また価格は6万円と少し高めですが、Arrowの競合機種は全て10万円を超えているので、同スペックのオーディオインターフェースを買おうと考えるのならArrow以外に選択肢はありません!

 

Arrowについて細かいレビューや詳細、兄弟機種のApoll twinについての記事はこちら

Arrowはギタリスト用のオーディオインタフェースの最適解!

DTM環境強化計画はじめました。

apollo twin mk2の3つの問題点

Apollo Twin MK2をMojabeに対応させる方法を解説!

Advertisement

 

 

 

AKG K240studio

AKG K240 STUDIO

バンド活動やDTM、レコーディングをしている方は1度は見たことがある、SONYのモニター用ヘッドホン。

日本のレコーディングの基準として1番のシェアを誇っており、「これを買っておけば良いだろう!」と思ってしまうのは大きな間違い。
その考えは井の中の蛙です。泣

ここでおすすめするモニター用のヘッドホンAKG K240studioは世界水準のヘッドホンであり、特にギター・ベーシスト、その他弦楽器をやっている方に絶対的にオススメしたいモニター用ヘッドホンです!

このAKG K240studioを弦楽器プレイヤーにオススメする理由を簡単に解説すると、

・距離感を感じることができるので空間系エフェクターのかかり具合が正確にわかる

・弦楽器の音の特性を一番活かせる音質

・世界中のフェコーディングスタジオで使用されている

・SONYより安い

の4点

これについての、詳しい解説を以下の関連記事にまとめてあるので弦楽器プレイヤーは迷わずリンクへGo!

ギタリスト兼DTMerにおすすめするヘッドホンはSONYではなくAKG K240って話

Advertisement

 

 

 

YAMAHA THR5

thr5

自宅での練習時間が一番多いから自宅の練習環境が、モチベーションや上達速度を左右してしまう。

この自宅での練習環境のスペックを最大限引き上げることができるのがこのYAMAHA THR5。

YAMAHA THR5の魅力をあげると、
自宅用アンプとは思えない音の良さ

PCと接続可能(DTMと相性が抜群、PCて音作りが可能)

一通りのエフェクターが入っている。

特定の楽器の音を消してセッション練習ができるアプリTHR sessionが強い

おしゃれ

オーディオスピーカーとしても使える。

プリセットが豊富

THR5 THR5

 

このTHR5を買ってから、毎日ニヤケながらギターを練習しています笑
そんぐらい、音が良く、いいニュアンスが出やすいんです。

特に私のオススメの使い方は、THR5から曲とギターの音の両方を流しながら練習すること。
曲を合わせるのに別途スピーカーを使わなくて良いのがとても便利です。
また、USB接続でギターの音をPCに遅れるので、DTMでの簡単なギターレコーディングもTHR5でできます。

 

このTHR5の魅力の詳細も記事にしてあるので是非チェックしてみてください!

宅録DTMerにあすすめ!超多機能の自宅用ギターアンプ「THR5」

 

 

 

Marshall Kilburn

ギタリストなら、BluetoothスピーカーもMarshallの一択だろ!

バンドマンならついニヤけてしまうこの渋くてイカついこのスピーカー。
THE Marshallと言わんばかりの黒・金のボディ。
バンドやっている友人が家に来た時は、大抵まず最初にこのスピーカーに飛びつきます。

音がMarshallライクなキンキン気味のサウンドであるが、treble、middle、bass、volumeで音の調節が可能。
とはいっても、音質も十分良かったので、いつもベッド付近に置いて寝る前に音楽を聴いたりYouTubeを垂れ流しています。
もちろん、私の家は賃貸マンションなので、夜に音楽を聴くときにbassを下げれるのはすごく嬉しい!

Marshall ポータブルBluetoothスピーカー KILBURN BLACK バッテリー内蔵 入力2系統3.5mm+Bluetooth
Marshall

このスピーカーの詳しい記事も書いたので是非チェックを!

バンドマンにあすすめ!マーシャル製Bluetoothスピーカー

 

 

 

ISP DECIMATOR2

ISP DECIMATOR2

世界で一番高性能なノイズゲートエフェクターがこのISP DECIMATOR2

正確にはこのエフェクター、ノイズゲートではなくノイズリダクションと言うもの。
何が違うかと言うと、
ノイズゲート:一定レベル以外の音を消すもの。
ノイズリダクション:ノイズを感知して消してくれるエフェクター

このノイズリダクションはDjent系では知らない人がいないぐらいの名機。
私も普段からラウドメタルコア系のギターを弾くので、かなり歪ませます。
ですがこのISP DECIMATOR2を繋いだ瞬間ノイスのみをパッと消えてくれて、嬉し涙が出そうでした。

この嬉し涙とノイズリダクションの仕組みについてはこの記事から!
メタラーにオススメ!最強のノイズゲートエフェクター紹介

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以上が、私が実際に買って・使ってみて本当によかった音楽機材です!

特に、BIAS、Arrow、AKG K240は絶対にギタリストに買ってほしいし絶対に後悔しない製品です!

2019年もどんどん音楽情報やレビュー紹介していきます。

最新のブログ更新をチェックできるようにしたい方はぜひTwitterのフォローをお願いします!

Twitter:@nomussyo

また今年買ってよかったもの「ガジェット編」もあるので合わせてお読みください!
関連:2018年買ってよかったもの[ガジェット編]

 

・今日紹介した関連記事
[永久保存版]Kemper/Axe-FX/BIASのコンセプトの違いをイメージで解説
僕がKempeやAxe-FXではなくBIAS を買った理由
Arrowはギタリスト用のオーディオインタフェースの最適解!
DTM環境強化計画はじめました。
ギタリスト兼DTMerにおすすめするヘッドホンはSONYではなくAKG K240って話
宅録DTMerにあすすめ!超多機能の自宅用ギターアンプ「THR5」
メタラーにオススメ!最強のノイズゲートエフェクター紹介

 

 

紹介した商品たち!






Marshall ポータブルBluetoothスピーカー KILBURN BLACK バッテリー内蔵 入力2系統3.5mm+Bluetooth
Marshall

Advertisement

音楽カテゴリの最新記事