2019年、音楽機材を共有したい。

2019年、音楽機材を共有したい。

上心が物欲をそそる。

ここ最近、なぜか音楽に対する向上心がすごい。

またそれに比例し、物欲も溢れ出すという状況。

こだわりが強く深く考え込んでしまう性格の僕は、

「あれに挑戦してみたい!」
「この問題を解決するにはなにが必要だろうか」
ということが気になり始めると、徹底的に調べたり行動したり、して絶対的な最適解を見つけるまで没頭してしまうんです…

有益な情報を発信するブロガーとして、「問題に対する、最適解を発信することはすごく良いことだてと思うのですが、なんせお金だけは溢れて来ない…

お金がなければ、「僕が良いと思ったモノ」を買ってその良さをみなさんに発信していくことが出来ない…

なので今回は、「現在購入を考えている良さげなモノ」「数種類の中で迷い中のもの」「今後挑戦してみたいモノ」を淡い出してみた。

 

スピーカー

フラットで素直のモニタースピーカーが欲しい

現在のスピーカーが僕の環境に合わないと感じスピーカーをアップグレードしたいという課題が前からあったので、先手はスピーカー紹介!

現状は?

現在使用しているのはMACKIEのCR3

このスピーカーの特徴として、低音が強くEDMに向き
しかしこの低音重視な音質が、賃貸マンション暮らしの私のか環境には少し厳しい。

また、DTMやBIAS(デジタルのギターアンプ)のモニターとして使用するためには、フラットで性格な音を出すことが必須。
ということで、「好みの音を出す」ではなく「性格な音を出す」スピーカーを洗い出してみました。

要はモニター用スピーカーと言われるモノで、
・フラットで癖がない、
・正確、
・高音質(音域が広い)
これを満たしてくれるスピーカー
*音楽鑑賞を楽しみたいという人には、ジャンル次第では個性がないスピーカーという印象を受けるかのしれません。

 

今考えているスピーカーこれ!

YAMAHA HS5

レコーディング現場でよく使われていていながらそれほど価格が高くないので、今のMACKIEのCR3よりはモニター向きで、正確な音が聞き取れると感じました。

 

ADAM A5X

ドイツの国営放送や多くのレコーディング現場で使用されるミドルクラスのスピーカ
YAMAHA HS5と同様、レコーディングで実際に使われることが多い=一般的に正確で標準的な音が出るスピーカーと言う考えで選びました。
それにしても、ミドルクラスで10万円を超えるって、オーディオの闇の深さは深すぎですね…

 

Genelec 8010A

アマチュアで作曲する人によく見られる印象があるスピーカー
ADAMより安いので、一応候補に入れました。

 

最終的には価格と自分のお金との兼ね合いでスピーカーを選んでしまいそう。
今後のレビュー記事を楽しみにしていてください!

 

 

MIDIキーボード

もっとやれることを増やせる機材を探して

DTMに関して何もわからない時に購入した、めっちゃカッコいいMIDIキーボード。

現在の用途では十分使えるが、今後やりたいことをやるには役不足。

現状は?

現在使用しているのはこのAKAI MPK miniMK2.

AKAI MIDI キーボード

約2オクターブ分のキーボードと、8つのパッド、8つのツマミがあり、マルチな使い方ができるMIDIキーボード。

「小型なのにめちゃ多機能で便利じゃん!」と思い購入したのですが、最終的に音域が足らなくなってしまいました。
一応左側にオクターブを上下するボタンがあるのですが弾きながらこのボタンを押すのは不便。

 

また今後は打ち込み用ではなくピアノのように生で演奏する練習をかんがえているので、もっと鍵盤数が多いMIDIキーボードこ購入を考え始めました。

ピアノ未経験なので、弾きやすさはあまり考慮していません。

 

今考えているMIDIキーボード

Roland A49

超王道のMIDIキーボード。

見た目もシンプルでキーボードの練習には最適かなと感じています。

ピアノとしての弾きやすさは、弾いたこと無いのでそこらへんはあまり考慮していません。ピアノ(キーボード)の練習としてはこれでいいかな?

後で紹介するパッドと組み合わせれば、低価格で良い機材が揃ってしまいそうな予感がします!

 

・KOMPRETE Control S49 orS61


先ほどのRolandのキーボードとは違い多機能系のモノ。

DTMやトラックメイキング、DJをする方なら絶対に知っているNATIVE INSTRUMENTSのMIDIキーボード
KOMPRETE 12と言う高性能な音源とが完成が高く使いこなせれば作曲からEDMまでほぼ全ての音楽ができそうだが、使いこなせる自信がない…
そして値段が高すぎる…
これを狙うべきじゃないかもしれないけど、この鍵盤のライトがカッチョよすぎてつい惚れこんでしまう…泣

KOMPLETE KONTROL S61

出典:CDM

 

 

 

パッド:ドラム用MIDIコントローラー

ドラムをマウスでぽちぽちするのは面倒くさい、実際面倒臭かった。

そこでこの動画のようにある程度演奏してしまえば時間短縮になるのではないかと思い、購入を考え始めました。

というかこういうフィンガードラムを練習したい!

 

今考えているパッド

KORG nano PAD2

とりあえずシンプルで扱いやすそうなモノの代表から1つ。
DTMや作曲等でドラム音源を打ち込むだけならこれで16個のパッドで十分そう。

 

Novation LaunchPad

打楽器も、自宅で楽しめる時代になった且つめっちゃ楽しそうってことでこんなパフォーマンスををめっちゃ練習してみたい。
こういったトラックメイカーやEDM系の生演奏ができるとなるとピアノ弾けない人にはこっちで遊んでた方がいいのかな?

Advertisement

 

 

BIAS FX

BIAS MINI

私はBIAS MINIを持っているのですが、このBIAS MINIに同梱されているBIAS AMP2 Proがアンプしか内蔵されていないため、別途エフェクター専用のBIASが必要になるのでこれを購入しないと、ライブができない!

と言うことで、購入を考えました。

 

 

LINE6 RELAY G10

このワイヤセスの購入を考えている理由は、自宅で練習をするときにいちいちシールドをつなげるのが面倒くさいから。

私は普段自宅でギターを練習するときは、
ギター

オーディオインターフェース

PC(BIAS)

オーディオインターフェース

スピーカーorヘッドホン

と言う接続方法。

BIASをPCで起動しシールドをギターにさせば音が出せます。

しかし常にアンプに繋ぎながら立ち弾き練習をする僕にとっては、シールドがめっちゃ邪魔で散らかる。

そんなときに、見つけたのがこのワイヤレスシールド

Relay G10

出典:LINE6

 

受信機に送信機を刺せば勝手に充電される。

そして受信機から抜いた瞬間にワイヤセスとして起動。

送受信機どうしでペアリングなんて操作がないんです。

絶対便利。

しかも安定のLINE6、レイテンシー、音質劣化は基本0。

Advertisement

 

まとめ

上達の近道は基本的に練習!というのが普通ですが、DTM系に関してはある程度お金を使って機材を買わないとスタートラインに立てないんだなと感じています。

何事も手っ取り早く成長するには、ちゃんとした環境に飛び込むのが大事なんだなと、音楽や就職活動を通して感じております。

今回紹介したものは、今後購入しレビューをしていく予定なので楽しみにしていただけたら幸いです。

そしてそのレビュー記事更新、他音楽やガジェットについての有益な情報をTwitterで発信していきます!

是非フォローお願いします!

Twitter:@nomussyo

 

関連:
2018年買ってよかったもの[音楽編]
DTMerのデスク機材紹介!2018
僕の機材紹介とライブ・宅録でのセッティング例「ギターとBIAS MINI編」
僕がKempeやAxe-FXではなくBIAS を買った理由

Advertisement

音楽カテゴリの最新記事