僕がKempeやAxe-FXではなくBIAS を買った理由

僕がKempeやAxe-FXではなくBIAS を買った理由

つも、どこでも同じ音を出したい

こんな経験ありませんか?

「スタジオで弾いていたマーシャルとライブハウスのマーシャルで音が全然違った…!泣」

「リハと本番で音が変わった…」

同じ型番のギターアンプ、同じセティングなのに音が違う。
これは使用環境、真空管やメンテナンス状態、電源環境の違いによりおこってしまうものなのです。

この問題を解決し、いつも、どこでも同じ音を出すために開発されたのが、KemperやAxe-FX、BIASといったデジタルアンプたち。

このKemper、Axe-FX、BIASの違いがわからないよって方はこちらから!
関連:[永久保存版]Kemper/Axe-FX/BIASのコンセプトの違いをイメージで解説

 

今回はこのKemper、Axe-FX、BIASの中で1番BIASが買いな理由を解説していきます!

 

BIASが一番買いな理由とは?

では本題、「なぜKemper、Axe-FX、BIASの中で私がBIASを選んだのか」を解説していきたいと思います!
BIAS MINI

 

BIASはニュアンス系の設定を追求できる

BIASはイコライジングではできないニュアンス的なギターアンプの挙動を設定することができるのです!
例えば、
「刻んだ時の低音の鈍さをもっと出したい!」
「コンプ感をもっと出したいなあ」
「歪みの粒の荒さをもっと細かくしたい!」
「アタック感をもっと遅くしたい!」
「もっと真空管に負荷がかかったようなパンチが欲しい!」

といったことをGain、Base、Middle、Treble、Volumeだけでは追求するのはかなり難しいですよね!

ではこういったニュアンス的な音作りをBIASではどうやって追求していくのかを解説していきます。

 

PCで魔改造アンプを作れる!

実機のギターアンプやKemper、Axe-FXの音作りは基本的に、
・アンプ、キャビ、(マイク)を選ぶ、
・Gain、Base、Middle、Treble、Volumeで音作り
・エフェクターをかける
の手順ですよね。

 

しかしBIASはアンプモデル以外にも、
・真空管(9本)の変更
・プリアンプ、パワーアンプの変更や入力値、出力値の変更
・トーンスタックの変更
・BIAS値の変更
・トランスフォーマーの変更
・キャビネット変更
・マイク種類・位置変更
・イコライザー

等のアンプ内部の様々な設定ができます。

BIASのコンセプトイメージ

この真空管等の変更や設定を変えていくことによって、イコライジング以外のアンプの挙動を変えることができ、先ほどのニュアンス的な音作りの追求ができるってわけです!

実際に私もBIASを買って試してみたのですが、このアンプ内のパーツを変えた時の挙動の変化が明確ででた。
実機のアンプと同じの音作りの仕組みをデジタルにしているので、
もしかしたらKemperより生々しいんではないでしょうか!?
って思ってしまいました。

 

BIASはとにかく安い!

BIASのラインナップとしてはソフトウェアはが2種類、ハードウェアは3種類あります。
ソフトはBIAS AMPとBIAS FXの2種類。
BIAS AMP:アンプのみ(細かな魔改造が可能)
BIAS FX:簡易的なアンプ+豊富なエフェクターを内蔵
それぞれを、連動させて魔改造したアンプにエフェクターをかけることもできます!
またそれぞれにグレードがありStandard、Professional、Eliteとなっています。
それぞれのBIASのスペックは以下。

BIASラインナップ

出典:デジマート

 

またハードウェア製品に関しては、
BIAS RACK、BIAS HEAD、BIAS MINIがあります。

それぞれにパワー・アンプが内蔵でBIAS AMP2 Proがバンドルされています。
BIAS HEADとBIAS RACKは600Wパワーアンプ、BIAS MINIは300Wのパワーアンプを内蔵しています。
BIAS MINIの300Wでもアンプとしては十分なスペックです!

 

BIAS HEAD

◎出力:600W(8Ω)、300W(16Ω)◎コントロール ●アンプ・タイプ:5(グラッシー、クリーン、ブルース、クランチ、メタル)、モデル(1〜5)、セーブ・スイッチ、チューブ・ステージ(ブライト/ノーマル・スイッチ)、ディストーション ●トポロジー(シングル・エンド、スプリット・ロード、プッシュ/プル、ソリッドステート)、パワー・アンプ、カスタム、キャビネット・シミュレーション・スイッチ ◎入出力端子:インプット、スピーカー・アウト(4Ω〜16Ω)ライン・アウト(XLRアウト × 2、1/4インチ・アウト×2、グラウンド・リフト・スイッチ)、ヘッドフォン・アウト、センド/リターン(グラウンド・リフト・スイッチ)、MIDIイン、MIDIスルー、MIDIアウト、フットスイッチ × 2、USB、ワイヤレス(Bluetooth)、スピーカー・アウト・シリーズ/パラレル切り替えスイッチ、フットスイッチ・キャリブレーション・スイッチ ◎その他:ノイズ・ゲート、ルーム・シミュレーター、アンプ・マッチ、トーン・クラウド ◎外形寸法:190(W)× 314(H)× 153(D)mm ◎重量:5.9kg
出典:デジマート

肝心なお値段ですが(2019年1月2日現在)
・BIAS AMP2
Sta:6,800
Pro:12,960
Elite:19,440

・BIAS FX
Desktop:13,800
Pro:27,800
Metal Signature Pack:10,080

・BIAS HEAD:164,815
・BIAS RACK:164,815
・BIAS MINI:99,800



BIASの最上位機種、BIAS AMP EliteとBIAS FX Proの療法を購入しても、約47,000
ハード製品も、Axe FXⅢが約40万円、Kemperパワーアンプ内蔵版が約30万円なので約半分!

 

 

 

BIASはDTMとの相性が抜群!

BIASは基本ソフトウェア製品なのでPC城で起動するDAWとの連携がし易いんです!
このDTMとの相性や設定のしやすさは、ハードウェアありきのKemperやAxe-FXにでは実現できません。

 

PCとインターフェースだけでライブができる!

このDTMとの相性との良さがライブでも生かされることがあります!
なんとBIASのハード製品を購入しなくても、ノートPCとオーディオインターフェースを持っていればライブでBIASの音でライブをすることができます!

やり方は簡単。
オーディオインターフェースにPCとギターを繋ぎ、LINE OUTからPAさんに音を送るだけです!
超簡単!

ノートPCとオーディオインターフェースを持っている人は、
KempeやAxe-FXと同等の音が1〜2万円で出せてしまうのです!
またKempeやAxe-FXはそこそこの重量と大きさがあって、少し持ち箱見にくいのですが、
ノートPCとオーディオインターフェースであればギターケースに入れることができます!

私もこれをやしたいがためにBIASを買ったようなもんです!笑

 

世界中の人のデータを共有することが可能

Postive Grid(BIASのメーカ)のTone Cloudでは、世界中のミュージシャンが集うオンラインコミュニティーがあり、誰でも作成したアンプをアップロードし、ダウンロード、またお互いに議論していくことができます、

BIAS Tone Cloud

 

(Kemperのデータ共有のシステムより、使い易いと個人的には思っています。笑)

 

Kemper超え?実機アンプの音を取り込める!

ここで、あのKemperを超えてしまうかもしれない機能の紹介です!
BIAS では、アンプの音色を取り込むことが可能なんです!
それが実機アンプをデジタルで再現する“Amp Match”という機能。

Amp Matchの方法はKemperと少し似ていて、
ギターのドライ・サウンド(DIサウンド)とアンプのサウンド(マイクロフォンで拾ったサウンド)をBIAS Ampで照合することで実現します。
これにより、チューブアンプのプッシュ、プル感やダイナミクス、弾き手のピッキングスタイルを含めて“音色”を制作することが可能になります。
本体以外に必要な環境は、オーディオインターフェース、アンプを鳴らす環境のみ。

 

 

まとめ

以上が、僕がKempeやAxe-FXではなくBIAS を買った理由となっています!
もう一度まとめると、
・アンプ内のパーツを変更設定することがでくるので、アンプの挙動が実機のアンプと同じ、生々しい
・イコライジングではできないニュアンス的な設定が得意
・PCとインターフェースだけでライブができる!
・KempeやAxe-FXに比べ安い
・世界中の人が作ったアンプを共有可能。
・実機アンプの音を取り込める
となっています。

 

次回BIAS MINIをレビュー!

BIAS MINI

今回はBIASというソフトのみに絞って書きましたが、実はBIAS MIIと言う300Wパワーアンプ内蔵のBIAS ハード製品を購入しました!

このハードウェア版のBIAS MINIを近々レビューするのでしばしお待ちください!

BIAS MINIの記事の投等の情報に関してはTwitterをやっているのでそちらから最新情報を受け取れます!
よければフォローお願いします!
kazのTwitter:@nomussyo

 

もっと知りたいよ!って方は下の関連記事から!
[永久保存版]Kemper/Axe-FX/BIASのコンセプトの違いをイメージで解説
渋谷のスタジオペンタにKemperが設置されたので使ってみた!
Arrowはギタリスト用のオーディオインタフェースの最適解!
メタラーのエフェクターボード紹介!2018

以上がKempeやAxe-FXではなくBIASを買った理由でした!
みなさんのギタリスト生活がより充実できれば幸いです!

下にリンクを貼っておきます!





Advertisement

音楽カテゴリの最新記事