2019年おすすめのスイッチャーはONE CONTROL一択!使い方レビュー!

2019年おすすめのスイッチャーはONE CONTROL一択!使い方レビュー!

2019年おすすめのスイッチャーはONE CONTROL一択!使い方&レビュー!

エフェクターが多くなると、
1度にいくつものエフェクターのON/OFFを切り替えなければならない状況が生まれてくる。

そんな状況を解決してくれるのが「プロブラマブルスイッチャー」と言うアイテム
なのだが…

 

種類が多い、

でかい、

設定方法が難しそう、

配線が大変そうなど、

導入には色々とハードルが高い機材と言える。

今回レビュー紹介していく「One Control Chamaeleo Tail Loop MkII」は
コンパクトで非常に操作が簡単なプログラマブルスイッチャーなのでスイッチャー初心者に絶対的にオススメしたいスイッチャーです!


 

 

プログラマブルスイッチャーを導入しようと思った理由

・歪みとクリーンとで別のプリアンプを導入したから。
 あまり人に教えたくないのですが、私はVEROCITY Effects Pedalsと言うメーカーのプリアンプを使用しています。
 様々な有名アンプをエミュレートしたプリアンプです。
 クオリティーと再現性が非常に高く、その評価がTwitterや口コミで拡散され有名になっていったメーカーです。

 

・エフェクターを同時に切り替えたいから。

 歪みのみ
 歪み+ワーミー
 歪み+コーラス+ディレイ
 歪み+ディレイ
 クリーン+ディレイ
 クリーン+コーラス+ディレイ
 などなど…

歪みとクリーン用のプリアンプの切り替えと空間系のエフェクターのON/OFF切り替えの手間が面倒くさい。

上記の理由でプログラマブルスイッチャーを導入を考えました。

本当はKemperやAXE、HELIXを買うのがいいんですが、値段が高い…

 

 

プログラマブルスイッチャーに求めるスペック

ループ数について

スイッチャでループさせたいエフェクターは、
DejiTech Whammy4
VEROCITY VH34(歪み)
VEROCITY FDR(クリーン)
tc electronic The Dreamscape(コーラス)
tc electronic Flashbacks X4(ディレイ)

以上より最低5ループは必要だと考えました。

 

エフェクターについてはこちらから!

関連:時代はスマホで音作り!TC ELECTRONICのおすすめ小型リバーブ

   メタラーにオススメ!最強のノイズゲートエフェクター紹介

   多機能ディレイでおすすめすべきはこれ!Flashback X4

 

プログラムの方法について

出来るだけ直感的に設定できること。

プログラマブルスイッチャーといえば、ループの設定方法が面倒くさい。

ちっちゃい画面といくつかのボタンがついていて、EDITがどうだ、パッチを呼び出したり、プリセットがどうだ、データの階層がどうだ、あのループの組み合わせ何Chだったっけ?みたいなことがあり、

機械に弱いと慣れるのに時間がかかるし、むずい…

なので、プログラマブルスイッチャーでありながら出来るだけ操作性に優れた物を使いたい。

 

コンパクトであること

スイッチャーの導入で問題として上がりがちなのがスペース問題である。

一般的なエフェクターボードは、縦方向には長くない。
ほとんどの1万円以下で買えるエフェクターボードの縦幅は最高で40cm程度。

スイッチャー、パッチケーブル、エフェクター、パワーサプライを縦に置くと40cmなんてすぐに超えてしまう。

それ以上に大きいサイズになると、耐久性を高めなければならず価格が一気に跳ね上がってしまう。
(縦横10cmずつ大きくするだけで2倍以上の値段になってしまうことが多々ある。)

ということで、出来るだけコンパクトなプログラマブルスイッチャーを選びたいと考えた。

 

5ループ以上、操作性に優れている、コンパクト

以上3点を考慮して選んだプログラマブルスイッチャーを探していきました。

 

One Control Chamaeleo Tail Loop MkII

上記の条件から探していった結果、「One Control Chamaeleo Tail Loop MkII」にたどり着きました!

スイッチは右からバンク切り替え、1〜5ch、ミュート(チューナー)ボタンの7つ

仕様

・5プログラム×3バンク、15種類のメモリーが可能。

・4つのシリーズループ、1つのセパレートループを搭載。

・独立ループは、アンプのチャンネル切替スイッチとしても機能。

・視覚的に分かりやすいプログラミング機能。

・プログラムをロックするロックスイッチ搭載。

・ダイレクトモードを用いることによって、ノーマルスイッチャーとしても使用可能。

・チューナーフットスイッチはミュートスイッチとしても使用可能。

・非常にナチュラルなBJF Buffer回路を搭載。

・バッファーインプット、ノンバッファーインプット、バッファーアウトを搭載。

・市販の9Vセンターマイナスアダプター(One Control EPA-2000を推奨)で稼働。

・別売りのワンコントロールDCケーブルを使用することにより、最大で6台のエフェクターに電源供給も可能。

・電源:DC9V

・消費電流:最大200mA

・サイズ:440(W) x 56(D) x 38(H) mm(突起含まず)

    440(W) x 63(D) x 54(H) mm(突起含む)

重量:約780g

 

Advertisement

選んだ理由

基本スペックが自分に合っている。

・5ループ、5プログラム×3バンク
・ミュートスイッチ(チューナーアウト)がある。
・バッファーインプット、ノンバッファーインプット、バッファーアウトを搭載

 

コンパクト

このOne Control Chamaeleo Tail Loop MkII」の寸法は、

440(W) x 63(D) x 54(H) mmとなっています。

注目すべきは奥行きが突起あわせて63mmということ。

 

これがどれぐらいすごいかというと、

プログラマブルスイッチャーで1番有名であろうPROVIDENCE PEC2と比べてみると一目瞭然

446(W)×130(D)×35〈前面側〉/50〈背面側〉(H)mm(ジャック、スイッチ等の突起部は含まず)となっており、

奥行きが130mmとOne Control Chamaeleo Tail Loop MkIIの2倍となっています。

 

直感的なプログラム設定ができる。

このスイッチャーはプログラムの設定方法がかなり簡単なんです!

スイッチャーの右側に上の写真のようにボタンが5つついています。

これが各ループに対応していて、

設定したいチャンネルをONにした状態でこのループボタンを押すとそのチャンネルにボタンに対応するループがONになります。

保存するボタンはありません。
このボタンを押しただけで各ループのON/OFFが切り替えられ、保存さえます。

これで5chのプログラムを一瞬で切り替えることができます。

 

3つのバンクの切り替えですが、
これも簡単で1番右のスイッチで切り替えることが可能です。

また、3つのバンクにそれぞれ赤・青緑の3色が割り当てされており、視認性と操作性をあげてくれます。

 

 

使用感・レビュー

設定例

私の使用例としてチューナーはワイヤレスのアウトプットから出しています。
One Control Chamaeleo Tail Loop MkIIのチューナーアウトから接続するより、ワイヤレスからパッチを出した方がパッチが短くで済むこと、
いちいちチューナーアウトを押さなくてもワイヤレスからは常にチューナーに信号を送ることができるのでそうしています。

インプットはとりあえすバッファーのかかる方につなげています。
理由はエフェクターボードに組み込む際に、電源ケーブルとパッチケーブルの干渉によりノイズが出てしまうかもしれないので、出来るだけノイズの乗りにくいローインピータンスにするためにバッファーインにしました。

かなり詰め詰めになってしまいました。

エフェクターについてはこちらから!

関連:時代はスマホで音作り!TC ELECTRONICのおすすめ小型リバーブ

   メタラーにオススメ!最強のノイズゲートエフェクター紹介

   多機能ディレイでおすすめすべきはこれ!Flashback X4

 

使用感

多分説明書がなくても使い方がわかってしまう操作性が本当に使いやすく、
他のプログラマブルスイッチャーの中でダントツの操作性がわかりやすい!

音質に関しても特に劣化はなく、バッファーに関してもしっかり効いてくれます。

何と言っても、プログラマブルスイッチャーとわ思えないコンパクトさがエフェクターボードのスペースの節約になってくれます!

本体の高さも高すぎることもなく、スイッチの感覚もちょうどいいので踏み間違えをすることもほとんどありません。

 

Advertisement

 

まとめ

プログラマブルスイッチャーに対して、

「操作が難しそうでハードルが高い…」

「大きいから入るかわかんない…」

と思っていた方は是非、
One Control Chamaeleo Tail Loop MkIIをチェックしてみてはいかがでしょうか!

関連:
検索 メタラーのエフェクターボード紹介!2018
[永久保存版]Kemper/Axe-FX/BIASのコンセプトの違いをイメージで解説
2018年買ってよかったもの[音楽編]
DTMerのデスク機材紹介!2018

Advertisement

 

音楽カテゴリの最新記事