DTMerのデスク機材紹介!2018

DTMerのデスク機材紹介!2018

DTMerのデスク機材紹介!

DTMをやっていく過程でDTM環境がかなり充実してきたように感じます。

 

今回はDTM機材にしぼって紹介していきたいと思います!

 

 

 

デスク構成

 

MacBookからUSBハブ経由で全ての機器を繋いでいます。

USBハブをデスクの裏に貼り付けてそこからThunderboltの延長ケーブルを伸ばしてMacに繋いでいるのでデスク上にはThunderboltケーブル1本しか出ていません!
これはほんとスマート!

Wi-fiを使わず有線を利用している理由としては、回線を安定させるためそして他のBluetooth機器やWi-fiの干渉を防ぐためです。

 

 

PC

Mac Book Pro 13インチ 2017年モデル

仕様
サイズ:13インチ
Touch bar あり
プロセッサ:3,1GHz  Intel Core i5
メモリ:16 GB
SSD:256GB

メモリを8から16GBに変更しています。
8GBだとDTMをしながら、ネットで何かを調べたりマルチタスク的な感じで並行して作業する際に足りなくなってしまうので16GBにしました。
また、容量の大きい音源を動かしても一瞬で8GBに到達してフリーズしてしまうことがあります。

これから、PCの購入を考えている方はできれば16GBにした方が安定してサクサク動いてくれます!

 

 

モニター

LG 34UM59-P

LGの34インチウルトラワイドモニターを使用しています。
なぜ、デュアルモニターにしなかった理由については以下の記事をご覧ください。

関連:どっち?デュアルディスプレイでなくLGウルトラワイドモニターを選らんだ理由&レビュー

 

 

 

オーディオインターフェース

M AUDIO M-TRACK 2×2M

とにかく、このオーディオインターフェースコスパがいいんです!

価格は約13000円
24bit/192kHz対応(簡単にいうとめっちゃ高音質って意味)
Cubase LE、AIR Music Technology製の高品位プラグインが付属

これを買うだけでDTMに必要なソフトが揃ってしまいます!
これからDTMを始める人にオススメしたいオーディオインターフェースの1つです!

また、本来ならこのオーディオインターフェースにギターを繋ぐのですが私は繋いでいません。
後で紹介するギターアンプがすごく優秀でUSB接続ができるので、そちらでギターの音をPCに送っています。

 

 

 

スピーカー

MACKIE CR3

パワードスピーカー(パワー・アンプを内蔵したスピーカー)なので、
音源につなげれば音を出せます。
黒ボディーに緑のラインがRazer製品と似ていてかっちょいい!
音質はそこそこよく、低音が強めなのでEDM系に向いていると感じました。

 

 

Advertisement

 

ギターアンプ

YAMAHA THR5

USB接続でPCにギターの音を直接送ったり、THR Editorという PCアプリを使用して音作りをすることができるので、オーディオインターフェースがなくてもギターの宅録ができてしまいます!

詳しい使い方・レビューに関してはこちらの記事から!

関連:宅録DTMerにあすすめ!超多機能の自宅用ギターアンプ「THR5」

 

 

 

MIDIキーボード

AKAI MPK mini

赤と黒がかっこいいMIDIキーボード

ベロシティー対応25鍵で、ピッチ・モジュレーションコントロールのサムスティック(プレステコントローラーのクリクリするやつ)搭載
8つのMPCパッド、
8つのQ-Linkノブ
オクターブボタン等
AIR Hybrid 3」「Sonivox Wobble」などシンセサイザプラグインソフトウエアを付属

沢山機能があるのだが、設定等が難しくて慣れるのに時間がかかりました。

MIDIキーボードとしてしか使用しないのなら、他のMIDIキーボードの方がいいかも
多機能でコスパのいいMIDIキーボードをお探しの方にはオススメです!

 

 

Advertisement

 

まとめ

デスク周りにあるDTMに必要な最低限な機材を紹介していきました。

皆様のDTMerデビューの参考になれば幸いです!

 

音楽カテゴリの最新記事