2018年「金色のチューブスクリーマーTS-9」が発売中だと…!!!!

2018年「金色のチューブスクリーマーTS-9」が発売中だと…!!!!

2018年「金色のチューブスクリーマーTS-9」が発売中だと…!

とある日、

いつものようにAmazonを見漁っていた時のこと。

 

関連する商品の中に一際輝きを放ち、

見覚えのある四角いフォルムの商品があった。

 

「いやいや、まさかねえ…ぱちもんでしょ!?」

と言い聞かせながらその商品をクリックしてみると…

 

 

 

 

「本物やんけえええええええええええ!!泣」

 

出典:Amazon

 

金の延べ棒をチューブスクリーマー「TS-9」の形にしたような見た目

とても高価かと思いきや、17,280円!

 

この金色に輝くチューブスクリーマー「TS-9」

出品者の枠を見ていただくと分かるように、

なんとIbanezさんがこのチューブスクリーマーを出品しているんです…!

これは、本物と認めざるを得ない…

 

証拠がこれ↓

 

 

2018 楽器フェア出展記念、“GOLD COLLECTION”

なぜこんな金色のチューブスクリーマー(TS-9)を販売しているのかググってみたところ、

2018 楽器フェア出展記念、“GOLD COLLECTION”というイベントがあったらしい…

Ibanezのフェイスブック記事にも…!

 

チューブスクリーマー(TS-9)の他にも金色のギターも発表されているらしく、

こんな感じ

出典:サウンドハウス

 

なにこれダサかっこいい…!!

 

以下のサウンドハウスアイコンからサイトに飛び、
「2018 楽器フェア出展記念、“GOLD COLLECTION”」と検索してみてください!

このギターの詳細がみれます!

サウンドハウス

しっかり手が出せるお値段!笑

 

 

実際のところ使えるの?

この金色のチューブスクリーマー(TS-9)は、
通常盤チューブスクリーマー(TS-9)と仕様が全く同じだそう。

違うのは見た目だけ。

 

値段を見てみると、

・通常盤チューブスクリーマー(TS-9)
 8〜9千円

・金色の限定版チューブスクリーマー(TS-9)
 1万7千円

約2倍の価格となっています。

買えない値段ではないので、
気が狂ったら手が滑って購入してしまいそうです。

 

ただ、この値段ということは、

純金のゴールドではなく、メッキ等で色をつけていると思われるので注意が必要です。

 

どういうことかというと、

「このチューブスクリーマーをライブで使って目立ってやる!」

と張り切ってボードに組み込む際、

エフェクター同士ぶつかったり、
ON/OFF時の踏み込みで金メッキが剥げてしまう可能性があるということです。

マジックテープでしっかり固定していれば金がはげるリスクは少なくできそうです!

 

 

まとめ

自分がこの金色のチューブスクリーマー「TS-9」を買う場合、

2つの用途で使おうと考えています。

 

1:傷付けないように使う!

 ただし、プログラマブルスイッチャーと一マジックテープと一緒に使うことで、足で踏むことなく他エフェクターとの接触もない状態にします。

2:観賞用

普通に買って自慢したいし飾りたい!

 

機材厨、ヲタク、目立ちたがり屋さん、Ibanez信者等の方は、

マストバイな金色のチューブスクリーマー「TS-9」でした!

黄金のギターは下のサウンドハウスアイコンから、
「2018 楽器フェア出展記念、“GOLD COLLECTION”」と検索!

サウンドハウス

 

Advertisement

 

音楽カテゴリの最新記事