メタラーにオススメ!最強のノイズゲートエフェクター紹介

メタラーにオススメ!最強のノイズゲートエフェクター紹介

タラーにオススメ!最強のノイズゲートエフェクター紹介

 

 

メタラーにとって絶対に手に入れなければいけないアイテム、

 

それは、

筋肉量、極悪な歪み、

そして「ノイズゲート」である!

 

メタラーは日々身体を鍛え、強烈な刻みを身につけるために精進する、

そんな日々の努力によって強烈な刻みを手に入れたはいいものの、
ノイズまみれになってしまっては意味がない。

しかし深く歪ませるメタラーにとっては、
ノイズ問題は切っても切り離せない。

 

こんな問題を解決する最も最適な解がこのエフェクター

ISP Technologies Decimator II である!

今回はこの「ISP Technologies Decimator II 1年半使用しての紹介レビューをしていきます!

 

ノイズゲート・ノイズサプレッサー・ノイズリダクションの違い

ギターエフェクターにおいて、ノイズ除去系エフェクターは3種類に分類されます。

Advertisement

 

ノイズゲート

言葉の通り、ゲート:門です!

任意の音量を設定し、それを上回ればゲートを通り音が出る。
その音量を下回ればゲートを通れず音は出ない。

ノイズの音量より大きく設定すれば確実にノイズを取り除くことが可能なのですが、
1つ問題があります。

それは、「不自然に音が途切れてしまう」と言うことです。

1番わかりやすいのがサスティーンがいきなり途切れてしまうことです。

ノイズゲートは設定した音量を下回ってしまえば、その音はゲートを通れなくなってしまいます。
それによって、強制的は音の消え方が不自然に感じてしまうことが多々あります。

 

ノイズサプレッサー

ノイズゲートの音の消し方を自然になるように改良したものです。

ほとんどノイズゲートと似ているのですが、
設定音量以下の音を遮断するのではなく、0,何秒間かかけて徐々に音量を下げていく仕組みです。

ノイズゲートほどしっかりノイズを遮断するものではないですが、
小さい音に対して自然に作用してくれるノイズ系エフェクターです。

 

ノイズサプレーサーで有名なのが、
BOSSのノイズサプレッサーです。

 

ノイズリダクション

上記2種類と全く違うシステムを持つものがこのノイズリダクションです。

機能としては、
ノイズを検知してピンポイントで消す

と言うことです!

このノイズリダクションがとても優秀で、
他2種類はノイズを消すために不自然になったり完全に消せなかったりと課題があったのですが、
このノイズリダクションはノイズ問題を完璧に解決することができます。

1つ問題点があるとすれば、ホワイトノイズ(常に発生している)は消さないと言うことです。

 

ホワイトノイズ定義は置いておいて、イメージとしてはテレビの「サーー」と言う音です。

ホワイトノイズを消さない理由としては、
ホワイトノイズがエフェクターの味を出す要素の1つであり、
この音を消してしまうと「音痩せ」の原因となってしまうからです。

 

この3種類のノイズ対策系で1番おすすめしたいのがこのノイズリダクションであり、

Advertisement
今回紹介する「ISP Technologies Decimator II ノイズリダクションです!

ISP Technologies Decimator IIレビュー

 

 

仕様

形・寸法はBOSS製のエフェクターと同じ。
コントロールはThuresholdノブ1つのみの簡単操作。
ミニプラグ端子が2つ付いており2台のISP Technologies Decimator IIを接続することが可能である。(基本使わないし覚えなくていい…)

 

1年半使用してのレビュー

今回の使用環境はディストションの直後に置きスイッチャーに組み込むことによりクリーンの時はノイズリダクションがかからないように使用しました。
また、ディストションにくるギターの信号はローインピーダンスになった状態で来ます。

ISP Technologies Decimator IIの設定としては、環境にもよるがノブを1〜2時半ぐらいにするとしっかりノイズが消えてくれます。
上げすぎると音が出なくなります。

ノブが1つで自動的にノイズを検出してくれるので、
操作が本当に簡単です

良かった点

ノイズのみが消えてくれる。
・サスティーンやタッピング等の音が小さくなりがちな音に対してはあまり効かないので音の減衰が自然。

悪い点
重い:体感1kg弱ある。
・高価:販売元によって価格に幅があるのですが17,000〜21,000円します。

以上。

 

サウンドハウス

Advertisement

まとめ  

エフェクターのかかり具合がかなり自然でノイズのみを自然に取り除いてくれました
機能面に関しては非の打ち所がありません。
ノイズ対策系の定番として上げられるだけあり、これを買えばノイズ対策は完璧です! 

ノイズ対策は奥が深く、
左手のミュート、右手のピッキング、ギターの電気系トラブル、シールド(断線、電源ケーブルとの干渉等)、単純な機材トラブル、エフェクターボードの接点・電気配線問題、アンプの音作りなど様々。

追求して行ったらキリがなくなってしまいます。

私もエフェクターボードを作るときにパッチケーブルのノイズ対策に苦労しました。

 

ISP Technologies Decimator IIがノイズ対策の最適解となるかはそれぞれのノイズ環境によるのですが、
歪み系エフェクターによるノイズ対策としてはこのISP Technologies Decimator IIを強くおすすめします!

サウンドハウス

関連:
2018年買ってよかったもの[音楽編]
僕がKempeやAxe-FXではなくBIAS を買った理由
[永久保存版]Kemper/Axe-FX/BIASのコンセプトの違いをイメージで解説
メタルゾーンが技シーリーズで!時代はメタルからDjentへ
メタラーのエフェクターボード紹介!2018

Advertisement

 

音楽カテゴリの最新記事