メタルゾーンが技シーリーズで!時代はメタルからDjentへ

メタルゾーンが技シーリーズで!時代はメタルからDjentへ

タルゾーンが技シーリーズで!

時代はメタルからDJENTへ

 

メタラー御用達の代名詞的なエフェクター
「メタルゾーン」
そのメタルゾーンが、
 
 
ついに!!!!!
 
 
技クラフトデビューを果たしました!!!!
 
 
そんな輝かしい技デビューを果たした技クラフト版メタルゾーン
MT-2W」を紹介していきます!
 
 
 

メタルゾーンとは?

この記事を読んでいるみなさんには
もう説明しなくても分かるであろう
 
繋げば極悪なメタラーになれるディストーションである!
 
知らない方のためにメタルゾーンの簡単な説明を公式サイトから貼っておく。
1991年の発売以来、重厚なディストーションと中音域に独特なキャラクターをもつサウンドで、世界中のギタリストを魅了し続けているMT-2。幅広いハイゲイン・サウンドを実現するデュアル・ステージ・ゲイン回路は、革新的なデザインとして多くのペダル・ビルダーに影響を与えてきました。ミッド・フリーケンシー・コントロールを搭載した画期的な3バンドEQは細かな音色の作り込みができ、様々なキャラクターのディストーション・サウンドを実現。またMT-2は、幅広い音作りのために、初めて2軸式のノブを採用したBOSSコンパクト・ペダルでもあります。
出典:BOSS
 
 
Advertisement
 
 
 

技クラフトとは?

創業以来、BOSSのエンジニアはアナログ回路設計から最先端のデジタル技術を駆使したDSPまで、あらゆる技術や培ってきたノウハウ、そして音に対する熱いスピリットを注ぎ込み、最高のギター・サウンドを追求し続けてきました。そのクラフトマンシップの結晶といえるコンパクト・ペダルが「技 WAZA CRAFT」です。熟練のエンジニアにより、一つひとつのパーツの選定からこだわり抜き、丹念に組み上げられたアナログ回路を搭載。細部に至るまでこだわったメイド・イン・ジャパンの「技 WAZA CRAFT」は、極上のサウンドと卓越した弾き心地をギタリストに提供します。
出典:BOSS WAZA CRAFT
 
BOSS技クラフトのサイトにあるように技クラフトとは、
一言で言うと日本製の上位機種である。
 
 
技クラフトのラインナップとしては、
・ブルースドライバー

サウンドハウス

 
・スーパーオーバードライブ

サウンドハウス

 
・チューナー
BOSS / 技WAZA CRAFT TU-3W Chromatic Tuner チューナー ボス
BOSS

サウンドハウス

 
・ディレイ

サウンドハウス

 
・コーラス

サウンドハウス

 
・ビブラート

サウンドハウス

 
・ディメンション等

サウンドハウス

 
BOSSのコンパクトエフェクターの代表格が揃っている。
 
この中にメタルゾーンが並ぶのだからメタラーは大歓喜!
 
 
 

技クラフト版メタルゾーンとは?

BOSSコンパクト・ペダル・ラインナップの中でも、25年以上にわたり人気・知名度ともにトップクラスであり、DS-1に続き歴代2位のセールスを記録しているMT-2 Metal Zone。

そのMT-2に「技 WAZA CRAFT」のスピリットを注ぎ込み進化させたモデルがMT-2Wです。

スタンダード・モードは、中音域にフォーカスしたオリジナルMetal Zoneサウンドにさらに磨きをかけ、カスタム・モードは、より多様化する現代のハイゲイン・シーンにふさわしい、ワイド・レンジな極上のディストーション・サウンドを作り出します。

出典:BOSS

サウンドハウス

Advertisement

 

 

無印メタルゾーンから何が進化したのか?

回路自体が違う!

無印のメタルゾーンでは、

デュアル・スクリーン。ゲイン回路を採用し、
幅広いハイゲインサウンドを実現。

 

技クラフト版メタルゾーンでは、

このアナログ回路を1から見直し、現代の音楽シーンに合うようにチューニングし直したのだ。

また、中音域の周波数特性に対してスタンダード・カスタムの2モードの構成となった。(後述)

 

 

2つのモード切り替え

技クラフト版メタルゾーンは
中音域の周波数特性に対してスタンダード・カスタムの2モードの構成となったので解説をしていく。

スタンダードモード

無印のメタルゾーンの特徴をそのまま改良したモード。

なんでも、ピッキングのレスポンスが早く、
クリアな輪郭となっている。

技クラフト版メタルゾーンを試奏してみた感じでは、
中・高音域にエッジが効いていて、気持ちいいえぐみがある感じだ!

このエッジ感を生かしてDjent系を弾くのもいいかもしれない。

 

カスタムモード

メタルゾーンのカスタムモードは現代のハイゲインな音楽に適した音作りを追求した設計となっている。

技クラフト版メタルゾーンを試奏してみた感じでは、
スタンダードモードに比べ、重心が低くなったような印象を受けた。

ダウンチューニングでの刻み等はこちらのモードで弾くのがいいだろう。

またスタンダードモードよりもレンジが広くなったような印象もあったので、
こちらの方がバッキングや刻み、ギターソロまで1つの音色だけで対応できる場面が多そうだ。

 

 

メタルゾーン仕様

本体は従来のBOSSエフェクターと同じ個体。

コントロール部もスタンダード、カスタムのモード切り替え部が増設されただけで、
LEVEL、DIST、LOW、MIDDLE、MID FREQ、HIGH、モード切り替えスイッチの7つ。

 

 

まとめ

試奏してみた印象では、

無印メタルゾーンは「ザ・メタルの音!」と言わんばかりのドンシャリ極悪サウンド。

技クラフト版メタルゾーンは、無印メタルゾーンの個性をそのままに、

ドンシャリ極悪サウンドや、
Djentのエッジの効いた歯切れのいいディストーション、
重心の低いラウド・メタルコアに対応できるサウンドまで幅広く対応できるようになった印象を受けました。

メタル系といっても様々なジャンルがあり、それぞれギターサウンドも多様です。

そんな多様な現代のメタルサウンドに適応できるようになった
この技クラフト版メタルゾーンは、

コンパクトエフェクター勢にメタラーにとっての、

「ディストーション選びの最適解」

と言えます。

まだメタル系ディストーション選びに満足がいっていない方、

メタル系の音作りをもう一歩上に行きたい方

絶対に試して欲しいディストーションです!

 

↓技クラフト版メタルゾーン

サウンドハウス

↓無印メタルゾーン

サウンドハウス

 

おまけ

メタルゾーン等の激歪みするディストーションと切っても切れない関係にあるもの

それが「ノイズ」

このメタラーのノイズ問題解決してくれるエフェクターも以下の記事で紹介しているので必読です!

ちなみに、ノイズゲートを買うなら絶対以下の記事にあるノイズリダクションを買うべきだと私は思っています!

関連:メタラーにオススメ!最強のノイズゲートエフェクター紹介

サウンドハウス

Advertisement

音楽カテゴリの最新記事